アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 とは

アトピー性皮膚炎は、慢性的(成人では6カ月以上、乳児では2カ月以上)に繰り返すかゆみのある湿疹を主体とする病気で、アトピー体質(家族歴あるいは既往歴に喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎がある)を伴うことが多いものです。
乳児の場合は頭・顔に多く、それ以降は、首、肘や膝の関節の曲がる場所などにも広がっていきます。小児期に治癒することも多いのですが、成人になっても続いたり、成人になってから発症することもあります。

最近、アトピー性皮膚炎の方の多くが、遺伝的に皮膚の保湿因子の遺伝子の異常があることがわかってきており、保湿の重要性が再認識されてきています。

治療方法

保険診療による治療

保湿剤・ステロイド外用剤・タクロリムス軟膏外用・抗アレルギー剤内服が大きな柱です。また、血液検査上、ダニやホコリのアレルギーを合併することが多いので、生活環境を整えることも重要です。
成人の重症例では免疫抑制剤(シクロスポリン)内服が必要となることもあります。

自由診療による治療

アトピー性皮膚炎に限らず、多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。
当院では、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が見られた場合、これらを補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたしております。
他にも、プラセンタ注射、高濃度ビタミンC点滴療法も有効です。

治療の流れ

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。



症状の程度に合わせた各種治療を行います。



症状をみながら、定期的に診察・治療を行います。

ページの先頭へ