ピアス

ピアスの穴あけは、医療行為ですので、医療機関である病院(美容外科や皮膚科)で施術してもらうことをおすすめ致します。

ピアス の施術内容/特長

ご自身やピアス販売店の方など、医師以外の方でも簡単にあけている場合が多いですが、本来は立派な医療行為となりますので、資格を持っていない人がピアスの穴をあけることはせず、医療機関で行なってください。また、専門の機関以外での穴あけは、トラブルが生じる可能性が高くなります。炎症を起こし化膿してしまう細菌感染、金属アレルギーによる皮膚炎などが多く見られるトラブルです。

傷が残ってしまったり、自分の好みのオシャレなピアスが付けられなくなったりと、その後のオシャレにも影響が出てきてしまいます。こういったトラブルを防ぐためにも、衛生管理が行き届き、清潔で安全な医療器具を使用した穴あけができる病院での穴あけを推奨しています。

治療後の経過とケア

穴あけ後に万が一、トラブルが起こった場合にも、すぐに治療できる体制が整っていますので、ご安心ください。

同意書ダウンロード

未成年の方は、ピアスの穴開けに際してご両親の同意書が必要になります。
未成年の方は、ピアスの同意書と、未成年の方用の同意書の両方をお持ちください。

ピアス説明書・同意書 > ピアス同意書(未成年の方用) >

よくある質問

耳軟骨のピアスの穴開けは無痛ですか?

耳軟骨ピアスの穴あけについてですが、麻酔、消毒ジェルが含まれておりますので、麻酔の注射の際に少し痛みがあると思いますが、穴あけに対しては麻酔が効いておりますので大丈夫だと思います。

ピアスの金属アレルギーの検査はおこなっていますか?

ピアスの金属アレルギー検査ご希望とのことですが、申し訳ございませんが当院では金属アレルギーの検査は行っておりません。
ファーストピアスは金属アレルギー対応の純チタン処理のものや樹脂タイプのものもございます。

両耳ひとつの穴で5,000円ということでしょうか?片耳で5,000円ということでしょうか?

ピアスの料金に関しまして、片耳で5,000円(税別)となっております。

ピアスは持参しなくてはなりませんか?

耳たぶ以外のピアスの穴あけをご希望の場合は、ご自身でピアスのご用意をお願い致します。

ファーストピアス、セカンドピアスとは何ですか?

ピアスを開けて最初に装着するのがファーストピアスです。
通常よりも軸が太いものになり、このファーストピアスでピアスホールをつくっていきます。
しばらくしてピアスホールが安定し、この次に装着するのがセカンドピアスになります。

同日に何箇所もピアスをあけても問題はないですか?

問題はありません。ただし、ピアスが重なるような近い位置で穴をあけるのはおすすめ致しません。

ピアスの穴あけは痛いですか?

耳たぶのピアス穴あけはすぐに終わり、痛みも強くありません。

通常、麻酔の必要はありませんが、特に痛みが不安な方のために塗るタイプの麻酔クリーム(1,500円)をご用意しています。

軟骨・ボディピアス(鼻・眉・へそ・舌・唇)は痛みを伴いますから、局所麻酔を使用しますので、結果痛みは感じません。

シャンプー、お風呂はいつから入れますか?

ピアスを開けた当日から入浴、シャワー浴、洗顔が可能です。

シャンプーは当日は控えて下さい。

翌日からは構いません。

ピアスを開けた部位が万が一痛む場合は、ぬるめのシャワー浴のみにして下さい。

ピアスをあけた場合、アフターケアに通院は必要でしょうか?

術後に腫れや痛みなどの大きな問題が起こらない限り、通院の必要はありません。

ただし、ご自宅でのケアが大切です。

傷が治ってピアスホールが完成するまでには約1ヶ月かかりますので、その間は毎日消毒をして清潔にしてください。

お風呂上りもちろんは、汗をかいたときなども小まめに消毒することをおすすめします。

パーマやカラーリングはいつからできますか?

ピアスホールが完成するまではお控えください。完成前にパーマ・カラーをすると傷口に薬液が反応してかぶれてしまうことがあります。完成後であっても、薬液が耳にかからないようカバーしてもらいましょう。

ピアスをしたままサウナに入っても大丈夫ですか?

金属製のピアスは熱伝導性が高く、サウナに長時間入るとピアスが熱くなり、ピアスホール部分の皮膚が炎症を起こすことがあります。ピアスを外すか、シリコン製のピアスをして頂くようお願いします。

ファーストピアスはいつ外せますか?

ピアスホール完成まではファーストピアスを外すことはできません。

ピアスホール完成とは、ピアスの穴の周囲にしっかりと皮膚が形成された状態です。
ピアスホールが完成するまで、

耳たぶですと約1.5ヶ月、

軟骨ですと約2~3ヶ月、

ボディーピアスですと約3~6ヶ月程度、

ホールが安定するのに時間がかかります。

痛みや腫れ、浸出液などがなければホールが完成したサインですので、ファーストピアスを外すことができます。
ただ、最初の1年程度はホールがまだしっかりしていませんから、外しっぱなしにしておくと穴が塞いでしまいます。

シンプルでアレルギーの起こりにくい素材のピアスを毎日つけるようにしましょう。

セカンドピアスであれば着けっぱなしでも構いません。
ボディピアスの完成までには2〜3ヶ月かかります。
 完成時期を過ぎても痛みや腫れ、浸出液など、トラブルが続く場合はファーストピアスをつけっぱなしでケアを続けて下さい。

完成時期を1ヶ月以上過ぎても症状が続く場合、あるいは早い時期であっても症状が強い場合は、感染が起きていたり、金属アレルギーが起こっている可能性も考えられますので、早めにご来院ください。

ピアスで起こりやすい皮膚のトラブルとはどのようなものがありますか?

金属アレルギーや細菌感染による皮膚炎です。

皮膚炎になるとピアスの部分が赤くなり腫れて痛みが生じ、しん出液が出ます。

腫れが大きいとピアスのヘッドが埋まることがあります。

早日の処置が必要ですので来院してください。

なお、ピアスの穴のところに赤み・腫れ・痛みなどの症状を伴わない硬いシコリができることがあります。

これは瘢痕(はんこん)といってピアスの穴開けのときにできた傷に対する体の正常な反応ですが、治療もできますので、ご相談ください。

 

※「しん出液」とは傷の表面から「ジクジク」とにじみ出て来る透明(あるいはやや黄色っぽい)液体のことで、「滲出液」と書く場合もあります。

ピアスの穴開け後、赤く腫れ上がって痛みがあるのですが、どうすればいいですか?

化膿して炎症が起きている状態だと考えられます。
抗生物質の内服や、外用の指示をさせていただきますので、早めにご相談下さい。

以前開けたピアスホールにしこりが出来ていますが、同じところに穴をあけられますか?

しこりが残っている場合は、同じ位置に再びピアッシングしてホールを開けるのは難しい場合があります。

前回のピアッシングから、1年程度は間隔を空けた方が望ましいです。

しこりの状態によっても異なりますので、お急ぎでしたら、一度ご来院ください。

また、少し位置をずらすこともご検討頂く場合があります。

もし、穴を閉じたくなった場合、ピアスを外せば、すぐに閉じますか?

ホールが完成するまでに個人差がありますが、3~6ヶ月位である程度完成しますので、その後ピアスをはずしてもピアスホールは残ったままになる可能性があります。

ケロイド体質ですがピアスを開けられますか?

特に原因がなく、いつの間にかケロイドができるような重度のケロイド体質の方は、ピアス部位が大きな傷になる可能性がありますからピアス穴あけはおすすめしません。
重度でなければ、ピアスはお開けすることが可能ですが、ケロイド予防の内服薬の併用をおすすめすることがあります。

ピアスが埋まってしまいましたが、どうしたらよいですか?

「気付いたらピアスが耳に埋まっていた」ということが時々あります。

これは、ヘッドやキャッチが小さすぎるものを使用していたり、キャッチを強く閉め過ぎていることで起こります。
 埋没したピアスは取り出し、きれいに治りますのでご安心ください。

麻酔を使って処置しますので無痛です。
 状態を悪化させたり感染を起こす可能性がありますので、ご自分で触らずご相談ください。

セカンドピアスはどのくらい経過してからできますか?

施術から最低1ヶ月以上、できれば2ヶ月程度経過してからが良いと思います。ホールがしっかり完成するまでの期間は、安全性の高いファーストピアスのご使用をおすすめしています。

セカンドピアスでデザインや素材の変化を安心して思う存分楽しむには、ホールの傷口がきちんと治っていることが大切です。

ピアスは夜寝ているときも付けっぱなしにしていいのですか?

ピアスは起きているときだけ使用して、夜寝る前には外すべきです。

ピアスをしたままで寝てしまうと、寝返りする時にピアスがどこかに引っかかってしまってピアス裂傷を生じたり、横向きに寝て耳たぶが圧迫されることによりピアスの埋没を生じてしまう危険性があります。

ピアスショップと病院での穴あけに違いはありますか?

日本ではピアス穴あけは医療行為であり、医療機関のみで行うことができるとされています。

また、感染予防の薬の処方ができないことや、麻酔を使用することができず穴あけに大きな痛みを伴うことなど、多くの問題があります。
ボディピアスは血管や神経を傷つけてしまう可能性もあるために、解剖学的な知識が不可欠です。ピアスに精通した病院で空けることをおすすめします。

ピアスをあけたばかりですが拡張できますか?

ピアスをあけてすぐや、ホールが完治していない状態での拡張はトラブルを起こす可能性が高くなります。ホールを大きくしたいお気持ちは分かりますが、ホールを綺麗にかつトラブルなく成長させるには、ホールが完成してからの拡張をおすすめ致します。

へそピアスは妊娠したらどうなるのですか?

妊娠中は外す必要がありますので、シリコンのチューブに差し替えておくと、ピアスホールを塞がずに維持できます。

ピアスの消毒の方法を教えて頂けますか?

《耳》
ファーストピアスは1ヶ月は外さずに前後にずらして、ピアスの軸と皮膚を1日2回消毒して下さい。

《へそ》
ファーストピアスは1ヶ月は外さずに前後にずらして、ピアスの軸と皮膚を1日2回消毒しましょう。入浴、海やプールは1週間位は避けましょう。

《口唇・舌》
うがい薬で1日3回食後にうがいしましょう。食事は香辛料など控えめにしましょう。

ピアスの穴あけ後の消毒や炎症時、市販のオキシドールや消毒用エタノールでの消毒ですと、刺激が強くかぶれやすい事がある為、当院で処方された消毒薬を使って頂くことをおすすめします。

ケロイド体質です。内服薬をのむことで、ケロイド体質でも臍ピアスをあけることはできますか?

臍はケロイドの好発部位ではありませんが、化膿するとケロイドになることがあります。

施術後、安静、清潔に保つことが大切であり、化膿の兆候があった場合、早めに処置をすることが大事です。

その時に必要であれば、抗生剤、ケロイド予防の内服をして頂きます。

へそピアスをしてから、ジムなどの運動はいつ頃からできますか?

運動は1日~2日間休んで頂き、出血がとまれば原則運動は可能ですが、運動により痛みが増すようであれば、その間は お休み下さい。

仕事で平日の10時間程度は座りっぱなしです。この状況は特に臍ピアスに問題ないのでしょうか。

運動は処置後はお休みして頂きますが、座位でいることは問題ありません。

 

その他のよくある質問はこちらからご参照ください。

ページの先頭へ