ケロイド・肥厚性瘢痕・傷跡の修正

ケロイド・肥厚性瘢痕・傷跡 とは

ケガや手術後の傷跡は治癒の初期には赤くて硬い傷跡になります。ケガの程度,手術の種類,部位などにもよりますが一般に傷跡は1ヵ月半頃が最もその赤さ,硬さが顕著になります。そして3ヵ月頃になると赤みが改善されてきて柔らかさが出てきます。これは一度体に出来た傷は抜糸が終わっても皮膚の内部で傷を治す反応が持続するためです。

傷が治るには血が必要なので皮膚の内部には血管が密集するために赤い傷跡になります。また傷をくっつける糊のような組織(瘢痕組織)が非常に硬い組織のため当初傷跡が硬くなります。このような皮膚内部の反応は半年から1年くらいかけて沈静化してきますので皮膚本来の色調や柔らかさを取り戻すのも1年程かかります。
この傷跡が治る機序が過剰に反応した状態が肥厚性瘢痕と言われる状態です。傷跡は赤く腫れて硬く盛り上がります。肥厚性瘢痕は時間がかかりますが約半年を境に徐々に落ち着いてくることが多いですが最終的な傷跡としては目立ちやすい傾向にあります。ケロイドとはこの治癒反応がさらに強力に起こった状態で,細胞の制御が働かなくなり暴走した状態とも言えます。

肥厚性瘢痕は傷跡を超えて赤みが広がったり,傷跡自体が周囲へ拡大していくことはありませんが,ケロイドではそれらを認めることが特徴です。ケロイドには誘因無く突然全胸部や肩などに発症する場合とケガや手術後の傷跡から発症する場合とがあります。

施術方法

ケロイドや肥厚性瘢痕の治療としてステロイド含有の貼り薬や注射,治癒の反応を抑える内服薬,局所の圧迫や保湿の目的でシリコンシートによる治療などが一般に行われます。ケロイドに対しては再発の観点から原則として手術を行うことはありませんが,肥厚性瘢痕や通常の傷跡であれば手術でより目立たなくさせることが可能です。

ただし傷跡が引きつれて機能障害を認めるものは保険適応になりますが,機能障害の無い傷跡修正は自費診療になります。適応につきましては診察にて判断いたします。

治療の流れ

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた施術法をご案内します。


肥厚性瘢痕に対しては、手術で切除縫縮し直しをいたします。症状や手術範囲により、麻酔、手術時間が異なります。



症状が重度の場合、入院が必要となる場合ありますので、その際は関連施設をご紹介させて頂きます。

ページの先頭へ