巻き爪の治療

巻き爪治療とは

主に足の親指に起きる病気でその名の通り,爪が横方向に巻いた状態になることにより爪周囲の皮膚に痛みを伴う持続的な炎症を起こす状態のことです。

一昔前の日本人は草履や下駄で生活していたこともありそれほど多い病気ではなかったようですが,現代の靴社会の影響や靴の形がより親指を圧迫しやすい形状に変化していることなどから日本でも一般的な病気として定着しています。

日本人では10人に1人の割合で巻き爪であると言われていますが,老若男女を問わず巻き爪に悩まされている方の数は潜在的に多くいらっしゃることが推察されます。初期では症状が軽いため,足立ち仕事や歩き過ぎで単に指が痛くなっただけと勘違いして見逃されやすいことも特徴の一つです。

巻き爪治療方法

巻き爪の治療は手術を行う場合と,そうでない場合があります。手術を行わない治療は,日常の爪に対するケアや消毒処置などを行いますが難治性,重傷例,再発例などは他の方法を選択します。その他最近ではマチワイヤーによる爪の矯正治療などがありますが手術に比べて効果の確実性がやや劣ります。

長期経過していたり再発を繰り返している場合は積極的に手術を行う方が確実であり,結果的にトータルの治療期間は短くて済むことが期待できます。

手術は指全体に麻酔をかけて巻き爪の原因となっている部分の爪母(爪を作っている組織),爪床(爪の形を決めている組織),側爪郭(爪の横にある皮膚)を切除する方法で治療します。手術自体は20分程度で終わります。手術後はある程度の痛みがありますが,痛み止めを使用することでコントロールできることがほとんどです。手術後は定期的な通院,診察が必要です。

巻き爪治療の流れ

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。


施術後は痛みを伴うことがありますが、痛みどめなどでコントロールできることがほとんどです。必要に応じて、定期的に症状を拝見させて頂きます。


症状をみながら、定期的に診察・治療を行います。

ページの先頭へ