目頭切開

目頭切開

日本人やアジア人に特徴的な目頭(めがしら)にある蒙古ひだは目を小さく見せてしまうばかりでなく,目が離れた印象や鼻(特に鼻根部)が低い印象を与えてしまいます。

さらに蒙古ひだのつっぱりが強い人は二重のラインが蒙古ひだの内側から始まるため,いわゆる末広型の二重になりやすいのが特徴です。
並行型の二重にしたい場合は目頭切開を行うことをお勧めします。

このように目頭切開の効果は二重のラインを変化させるだけでなく,目を大きく見せる効果があり,目が離れている印象の改善,鼻根部を高く感じさせる効果もあります。さらに,手術によってひだの頂点が内側(鼻側)へ移動するため涙湖(るいこ:涙がたまる目頭の三角形の部位)が見えることにより大人っぽい艶のある印象を与えます。

※中学生以下の方の目まわりの手術については、手術中に上を向いている姿勢を保つことが難しいことが多く、全身麻酔のない当院では行っておりません。

目頭切開 の施術内容/特長

目頭切開 の施術内容/特長

当院ではひだの形態やつっぱりの程度によってZ形成術,Park法,内田法などから選択して行っています。局所麻酔で行い,目頭切開単独であれば所要時間30分程です。
皮膚縫合には非常に細い吸収性の糸を用います。どの方法を用いても手術後の傷跡は非常に小さなものですので赤みが落ち着いてからはほとんど目立ちません。

 

術後の経過とケア

ダウンタイムは個人差がありますので2週間は考えておくべきです
抜糸:7~10日目
場合により患部のテープ固定が必要


こんな方におすすめ

・目の横幅を大きくしたい方
・平行型の二重にしたい方
・きつい目つきをやわらかにしたい方
・離れている目と目の間を狭くしたい方
・傷が目立たない方法で、蒙古ひだの張りを取りたい方

注意事項

抜糸をおこなうまでは、メークができません。抜糸翌日より、目頭のメークは可能です。

よくある質問

目周りの手術(二重・逆さまつ毛・眼瞼下垂)の当日の持ち物は何ですか?

当日の持ち物は下記でお願いいたします。

①診察券

②保険証

③メガネ(コンタクトケース)・帽子・マスク(眼の手術の後に赤みや腫れが出る場合もございます)

④手術の同意書(お渡しがあった場合/未成年の方は未成年の同意書)

⑤お薬手帳

⑥手術費用

 
当日はコンタクトレンズ着用等も控えていただきますようお願い致します。
ハイネックやフードの付いたお洋服の着用も避けて下さい。

手術後は翌日の消毒が終わるまで入浴を控えて頂きますので当日は気になるようであれば先に入浴を済ませていただき、お顔のメイクは落としてきて頂きますようお願い致します。(当院でメイク等を落とす場合は少しお早めにご来院下さい)

その他のよくある質問はこちらからご参照ください。

ページの先頭へ