タレ目形成

タレ目

タレ目形成術は大きくて丸い目にする為に行います。

※中学生以下の方の目まわりの手術については、手術中に上を向いている姿勢を保つことが難しいことが多く、全身麻酔のない当院では行っておりません。

タレ目 の施術内容/特長

タレ目 の施術内容/特長1
タレ目 の施術内容/特長2

手術は下まぶたの結膜側の切開により行います(皮膚側に傷跡は残りません)。
下まぶたを支える腱膜(Capsulopalpebral fascia)を短縮することにより下まぶたのラインを下げます。
文字通りタレ目を形成して優しい印象の目にすることが出来ます。下まぶたのラインが下方に下がるため目が大きくなります。
目尻切開と合わせて行うとより効果的です。基本的に皮膚側の切開は行わないので皮膚の余剰分により涙袋が大きくなる効果があります。

まれにではありますが,皮膚の余剰が大きすぎる場合,睫毛内反の傾向がある場合などまぶたの状態によっては皮膚の切除を必要とする場合があります。
手術は局所麻酔で行い,所要時間は30〜45分程度です。

よくある質問

目周りの手術(二重・逆さまつ毛・眼瞼下垂)の当日の持ち物は何ですか?

当日の持ち物は下記でお願いいたします。

①診察券

②保険証

③メガネ(コンタクトケース)・帽子・マスク(眼の手術の後に赤みや腫れが出る場合もございます)

④手術の同意書(お渡しがあった場合/未成年の方は未成年の同意書)

⑤お薬手帳

⑥手術費用

 
当日はコンタクトレンズ着用等も控えていただきますようお願い致します。
ハイネックやフードの付いたお洋服の着用も避けて下さい。

手術後は翌日の消毒が終わるまで入浴を控えて頂きますので当日は気になるようであれば先に入浴を済ませていただき、お顔のメイクは落としてきて頂きますようお願い致します。(当院でメイク等を落とす場合は少しお早めにご来院下さい)

その他のよくある質問はこちらからご参照ください。

ページの先頭へ