町田美容皮膚科形成外科

 

鼻中隔延長

上を向いた鼻(いわゆるブタ鼻)を改善したい場合は鼻中隔延長術の適応です。鼻中隔とは左右の鼻腔を分けている仕切りのことです。その仕切りを前方の鼻柱側へ延長することで,横顔を見たときの鼻尖のピークを下方に下げることが可能です。

術後の印象は横顔だけでなく,正面から見た印象も変わります。鼻尖が細くなり,鼻の穴の見える量が減少します。

鼻中隔延長 の施術内容/特長

延長は軟骨の移植によって行います。移植する軟骨は耳の軟骨を多く使用しますが,鼻中隔軟骨の一部を使用する場合も有ります。手術は局所麻酔で行い,所要時間は1〜1.5時間です。
術後は鼻の形を整えるため5〜7日間の固定を行います。術後7日目には抜糸は終わり,固定も除去します。

このページの先頭へ