町田美容皮膚科形成外科

 

鼻形成

鼻形成

だんご鼻を改善したい場合に行う手術で,鼻尖を持ち上げて細くシャープな形に整えます。鼻尖の形は鳥の羽のように左右に広がった軟骨,大鼻翼軟骨の形によって決まります。

欧米人に比べて日本人では左右の大鼻翼軟骨の中央部分が左右に広がっていて,軟骨の幅が大きいため,鼻のあたまが丸い人が多いのです。特に左右の開きが大きく軟骨の間の組織(結合組織)の量が多いとだんご鼻が強調されます。

鼻形成の施術内容/特長

手術では左右に開いた大鼻翼軟骨を中央に引き締めることを行います。まず,左右の軟骨の間に存在する余分な結合組織を除去して,軟骨を中央に移動しやすくします。左右の大鼻翼軟骨を十分に剥離して中央で縫合します。この際,大鼻翼軟骨が大きすぎる場合は半分程度切除し縮小します。
切除した軟骨は鼻の支柱に補強したり,鼻の先端に移植して鼻尖の形を整えるのに使用します。

また,耳の軟骨を挟み込んでより一層の高さとシャープさを強調することも可能です。多くは鼻の穴の中からのみ(閉鎖式鼻形成術)で手術を行うことが出来ますが,場合により鼻柱のつけ根の部分に切開を追加して行う場合も有ります(開放式鼻形成術)。

手術は局所麻酔で行い所要時間は耳介軟骨を使用しない場合は約1時間です。耳介軟骨の移植を行う場合はプラス30分程度の時間がかかります。術後は鼻の形を整えるため5〜7日間の固定を行います。術後7日目には抜糸は終わり,固定も除去します。

術後の経過とケア

ダウンタイム 3~5日間
術後3~5日間ギプス固定
抜糸 7日目

こんな方におすすめ

  • 団子鼻を細くシャープにしたい方
  • 鼻の穴を縦長の八の字にしたい方
  • 鼻先を細くしてさらに高くしたい方
このページの先頭へ