町田美容皮膚科形成外科

 

下まぶたのたるみ取り

下まぶたのたるみ

老化による下まぶたのたるみ,深いしわ,眼窩脂肪の突出による隆起(いわゆるbaggy eyelids)などに対する治療法です。

※中学生以下の方の目まわりの手術については、手術中に上を向いている姿勢を保つことが難しいことが多く、全身麻酔のない当院では行っておりません。

下まぶたのたるみ取りの施術内容/特長

下まぶたの加齢による変化は主に皮膚の弛緩,眼輪筋の弛緩,眼窩隔膜(がんかかくまく:眼窩脂肪を包んでいる膜)の弛緩に伴う眼窩脂肪の突出などです。
上まぶた同様,下まぶたの皮膚のたるみは基本的に弛んだ皮膚を切除することが原則です。さらに症状に応じて眼輪筋のつり上げ固定もしくは引き締め,眼窩脂肪除去,Hamra法に準じた眼窩脂肪移動術などを組み合わせることにより改善をはかります。

いずれも傷跡は下まつげの直下で目立ちません。この方法は若い方でもクマや目と鼻の間の深い陥凹(tear trough)に対しても有効な手術法になります。老けている,いつも疲れているような印象を改善することが出来ます。手術は局所麻酔で行い,両眼で約1.5時間程度かかります。

よくある質問

目周りの手術(二重・逆さまつ毛・眼瞼下垂)の当日の持ち物は何ですか?

当日の持ち物は下記でお願いいたします。

①診察券

②保険証

③メガネ(コンタクトケース)・帽子・マスク(眼の手術の後に赤みや腫れが出る場合もございます)

④手術の同意書(お渡しがあった場合/未成年の方は未成年の同意書)

⑤お薬手帳

⑥手術費用

 
当日はコンタクトレンズ着用等も控えていただきますようお願い致します。
ハイネックやフードの付いたお洋服の着用も避けて下さい。

手術後は翌日の消毒が終わるまで入浴を控えて頂きますので当日は気になるようであれば先に入浴を済ませていただき、お顔のメイクは落としてきて頂きますようお願い致します。(当院でメイク等を落とす場合は少しお早めにご来院下さい)

その他のよくある質問はこちらをご参照ください。

このページの先頭へ