町田美容皮膚科形成外科

 

みずむし・たむし

みずむし・たむし とは

白癬菌による感染症で、みずむし(足白癬)、たむし(股部白癬)、爪白癬、手白癬、体部白癬、顔面白癬、頭部白癬などがあります。

治療方法

一般的には抗真菌剤外用にて治療します。みずむしは治らないと考えている方が多いですが、きちんとした治療を行えば治ります。
しかし再感染しやすいので、治ったあとも予防的に定期的に外用をするのも有効です。
爪白癬・手白癬・顔面白癬・頭部白癬・広範囲の体部白癬などでは抗真菌剤内服が必要となることがあります。特に爪白癬のように長期間の内服が必要となる場合は定期的な血液検査によるモニタリングが必要です。

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。

症状の程度に合わせた各種治療を行います。

必要に応じて、症状をみながら、定期的に検査を行います。

このページの先頭へ