町田美容皮膚科形成外科

 

タコ・ウオノメ

タコ・ウオノメ とは

窮屈な靴、長時間の歩行、足の変形、歩き方の異常、年を取ったり病気などによって脂肪組織が減少したり、浅い所に固い骨や関節があるなど特定の場所の皮膚への慢性的な刺激により、皮膚の角質が厚くなったものがタコ、角質が厚くなり中央部が楔形に芯を作り痛みを伴うものをウオノメといいます。

治療方法

保険診療による治療

原因となる圧迫を可能な限り除去することが最も大切です。対症療法として、ニッパーやヤスリなどでタコ・ウオノメを削り取ります。スピール膏や角質軟化剤などでの治療を併用します。

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。

症状の程度に合わせた各種治療を行います。

必要に応じて、定期的に症状を拝見させていただきます。

このページの先頭へ