町田美容皮膚科形成外科

 

じんましん

じんましん とは

皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。強い痒みを伴います。個々の皮疹(ブツブツや赤み)は数十分から数時間以内に消えるのが普通ですが、中には半日から1日くらいまで続くものもあります。

症状が激しい場合には次々と新しい皮疹が出没し、常に皮疹が現れているように見えることもあります。また重症例では呼吸困難・血圧低下などのアナフィラキシー症状がみられることもあります。

数日から2週間程度で治癒する急性じんましん、1か月以上出没を繰り返す慢性じんましんがあり、後者の治療は数か月~数年に及ぶこともあります。

治療方法

保険診療による治療

急性じんましんは抗アレルギー剤内服、症状が激しい場合はステロイド短期内服・点滴も併用し容易に治癒します。原因検索のために血液検査を行うこともあります。
慢性じんましんは種々の抗アレルギー剤やH2ブロッカーなどを用いて治療します。

自由診療による治療

アトピー性皮膚炎に限らず、多くの慢性疾患では、血液検査で、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が発見できます。
当院では、さまざまなビタミン・ミネラルの欠乏が見られた場合、これらを補充することを、慢性疾患の患者さまにおすすめいたしております。
他にも、プラセンタ注射、高濃度ビタミンC点滴療法も有効です。

治療の流れ

医師とのカウンセリングの中で十分に話し合い、症状に合わせた治療法をご案内します。

症状の程度に合わせた各種治療を行います。

症状をみながら、定期的に診察・治療を行います。

このページの先頭へ