あざ

あざの原因

あざは生まれついての先天性、もしくは日常生活の中で後天的な原因により皮膚組織下にメラニン色素が集まりできます。

先天性のものとして代表的なものは生まれたての赤ちゃんの時から発生する”蒙古斑”です。
これは治療することが可能です。蒙古斑は一般的には3歳~5歳の間に消失しますが消えなかった場合も対処することができます。
先天性のものは他に赤あざなどもありますが適切な治療を施すことにより、除去することができるのでご安心ください。
メラニン色素の対策を行いながら治療していくことになります。
他にもレーザー治療など様々な治療方法が確立されています。

後天性のあざとしては打撲が代表的です。小さい頃に運動中などに怪我をしてしまい青紫色のあざができてしまった経験を持っている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
適切な治療を施せば消すことができます。

いずれの場合もあざ治療には適切な処置が必要です。

よくある質問

HPに掲載されている料金以外に費用はかかりますか?
お薬代は通常は施術料に含まれておりますが、患者様がご希望されての麻酔代・経過によって医師が必要と判断した薬の処方・保険診療についてはその限りではありません。詳しくはお問い合わせください。
目のクマの治療はどのようなものがありますか?

・ヒアルロン酸注入

・ハイドロキノンなどの美白化粧品使用
・たるみ等を取る手術
・テオシアル アドバンスドフィラーアイコンター15ml(目元用美容液)などが挙げられます。

早く効果を求めるものでしたらヒアルロン酸の注入などがおススメです。

その他のよくある質問はこちらからご参照ください。

ページの先頭へ