創傷・傷跡

創傷・傷跡の原因

創傷・傷跡ができてしまう主な原因はメラニン色素の定着、コラーゲンの異常分泌です。
どちらも適切なケアを施せば回避することができます。

傷を負った場合、傷口に対して適切な処置を施さなければメラニン色素が定着してしまい、痕が残ってしまいます。
これは傷口を治していく過程で、皮膚細胞が刺激を受け、メラニン色素を作るからです。
年齢を重ねると新陳代謝が衰え、メラニン色素を古い細胞として外に出すのに時間がかかるようになり、傷痕がいつまでも目立ってしまいます。

傷口への処置が不適切な場合、コラーゲンが余計に分泌されてしまい傷口が盛り上がってしまいます。
処置がしっかり施されていないため傷口の修復が上手く進まず、塞ごうと過剰分泌が起きている状態です。火傷の痕のケロイドなどは、このコラーゲンの分泌が原因とされています。

怪我をしてしまった際は、デリケートな処置を心がける必要があります。

よくある質問

傷跡のホームケア商品のおススメはありますか?

傷跡に関しましては傷跡をカバーするコンシーラー類が豊富にそろっております。

傷やレーザー治療後、日焼けを予防し、お肌に潤いを与えながら傷跡を保護する目的で使用されているものをおすすめしております。

お顔のレーザー照射後専用のコンシーラー「ナビジョンDRスポッツカバー」
しみや色素沈着を薄くしていく「HQコンシーラー」をおすすめしています。
コンシーラー塗布後、お肌のべたつきが気になる方にはお肌に優しいパウダー「スキンケアベール」もご用意しております。

傷跡や、レーザー治療後のお肌にも自然にお化粧ができます。

また、ボディなどで、あざ、火傷痕、白斑、傷痕、タトゥなど、様々な肌色の悩みを自然にカバーし、汗・水・皮脂に強いだけでなく、着衣などのこすれにも強いクリームタイプのカバーファデーションとしては、マーシュフィールドの「SCボディカバーファンデ ファンデーション」をおススメしています。

その他のよくある質問はこちらからご参照ください。

ページの先頭へ